テストのお知らせ

◆◇◆◇女性を虜にする為の『デートテクニック』ブログ◆◇◆◇

【誘うのが怖い人への専門記事】成功率高めの安心安全なデートアポの取り方

 
女性に断られている画像
この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんちは!!
レイです。

 

今回は、デートをアポる為の
lineやメールでのお誘いテクニックをお伝えしていきます。

 

ただし!!
今回はただ単に「こうやって誘えば成功しやすいよ!!」
という形のものを伝えるのではなく、

女性をデートに誘う際に、豪快に「NO!!」を突きつけられない為の
危険察知テクニックをお伝えしていくつもりです。

 

読者君(´・ω・`)
「危険察知テクニック!?なんだよそれ。」

ってことなんですけど、

簡単に言うと
従来のようにぶっつけ本番でデートを一か八かで誘うのではなく、

事前に女性に対して
『テストとなるメッセージ』を送ることで

現時点でデートに誘うべきか??

現時点でデートに誘うのを控えるべきか??

という判断を行っていくというものですね。

 

このテクニックを知ることによって
明らかに成功率が低い状況で誘うという“無駄死にオファー”が減りますし、

危険回避して延命することが多くなりますので
相対的にデートをアポれる件数を増やすことが可能となります。

 

また、場合によっては
攻めるべき場面でしっかりオファーを行うことができますので
デートのアポをとりっぱぐれるという心配もなくなりますね。

 

ですから、断られることを恐れるあまり
「女性をデートに誘うのが怖い!!」と躊躇っている方には
おあつらえ向きな内容となっているでしょう。

 

いつまでも直球勝負スタイルばかりではなく
恋愛の世界で生き残る為には
こういった小賢しいテクニックを学ぶことも時には大切ですからね。

 

それでは、早速本題に入っていきましょう~

 

本当は怖い!!何気なく使っている『デートお誘い』の裏事情

 

“デートのお誘いタイミングのはかり方”を伝えていく前に
まずは、デートに誘われる女性の心理を考察していきましょう。

 

そもそも、デートを誘う際に

「一緒にデートしてください!!」
とか
「飲みに行きませんか??」

という、

“ド直球な言い方”
並びに
“誘い文句単体での投げかけ”
(ただ単にいきなりお誘いをするだけの形)

これは、
基本的に「YES」をもらいにくいオファーの仕方となりますので
まずおすすめしません。

 

何故かというと、先ほどの例文のように普通に誘うだけでは
『デート』そのものに対して何ら魅力を感じないから。

 

「今度一緒に飲みに行きましょう!!」

見てもわかる通り、
『飲む』という用件だけはバッチリ伝わっているぞ・・・と。

 

ただそれ以外は、ブラックボックス過ぎて
「どんな内容の飲みなんだろう??」としか想像できないんですね。

 

例えるなら、保険の営業マンに
いきなり「保険契約してください!!」と言われているようなもので、

こちらとしては、どんな保険内容かわからない為
その保険を契約するメリットを1ミリも感じ取ることができないわけです。

 

そして、ノーマルオファーをおすすめしない
もう一つの理由がありまして、

それは女性が
「多くの男性に誘われ慣れてしまって、免疫ができてしまっていること」

または、
「多くの男性に誘われ過ぎてしまって、アレルギー反応を起こしやすくなっていること」

が挙げられます。

 

一見、それぞれ似たような言い回しではありますが
若干意味が異なります。

 

まず、
「多くの男性に誘われ慣れてしまって、免疫ができてしまっていること」

これはどういう意味かというと、
ほとんどの男性は
「デートに行きましょう!!」
「デートに行きませんか??」
というテンプレ感満載の誘い方をする為

女性としては、
“そのフレーズに聞き飽きてしまっている”現状があります。

 

つまり、

デートに行きましょう!!&デートに行きませんか??

男性

(あ~、お馴染みのこのフレーズね)

女性

的な心理状況になるわけで、
ある程度工夫を凝らした誘い方をしないと
女性に魅力あるオファーとして響いていかないんですね。

 

例えるとなると、
街中を歩いていてキャッチの男に「飲み屋どうですか??」という
お馴染みの声かけをされる面倒なそれと一緒なやつです。

 

下手に声をかけられ慣れているもんだから
条件反射の如くスルーを決め込むばかりか、

仮にちょっと飲みに行きたい気分でもお粗末な誘い方過ぎて
わざわざキャッチの勧める飲み屋に行く気が失せるでしょう。

 

それと同様に女性の心理的にも
ノーマルオファーへの感応力が鈍化しているのです。

 

そして、
「多くの男性に誘われ過ぎてしまって、アレルギー反応を起こしやすくなっていること」

これについては
先ほどの『ノーマルオファーへの免疫作用』とは意味が別で、

女性は多くの男性から
「デートに行きましょう!!」
「デートに行きませんか??」
というように誘われ過ぎてしまっている為

“男は何でもかんでもすぐに会いたがる”という
ガッカリ感を感じている状態を表しているんですね。

 

女性は、本来出会ってから
慎重に関係を進展させていきたい習性がありますので

メッセージ上でジックリやり取りをする過程を
非常に重んじる傾向があります。

 

それなのに、先ほど言ったように
「デートに行きましょう!!」
「デートに行きませんか??」
とすぐに会いたがるということは、

女性にとって重要な信頼構築の過程を
すっ飛ばされているようなものですから

当然、アレルギー反応として
「NO」という答えが返ってきやすくなるわけです。

 

実際に、ネットナンパに属する“出会い系”なんかでは
『すぐに会いたがる(誘う)行為』は女性達から
ひんしゅくを買う行為の一つとして認識されていますね。
※実際に出会い系で知り合った女性達から聞いた情報です。

 

ですから、
そんな感じで、デートのオファーひとつとっても
常にリスクが隣り合わせであることを認識してほしいなと思います。

 

ちなみに、一度デートのお誘いをして断られた場合
女性の意識の中には『デートを断った事実』というものが残りますので

“デートをお断りした”⇒“恋愛対象として相応しくない”

という解釈が無意識のうちに芽生えてしまう可能性があります。

 

または、

“デートを断った”⇒“気まずい”

という感覚にも繋がりますので、

どちらにせよ、オファーに対して『NO』を示された後というものは
戦局としては非常に不利にならざるを得ません。

 

そう考えると、
何の工夫も無くオファーを投げるということが
如何にリスキーで怖い行動であることか認識できるでしょう。

 

そうならない為にも
安全地帯でデートオファーを行えるようなテクニックとして
『デートのお誘いタイミングのはかる術』を次項でお伝えしていきたいと思います。

 

デートを誘う上で“安心安全の鍵”となる『2つのテストメッセージ』

 

『デートの直球過ぎる誘い方は
明らかにアポれそうな状況以外はリスクが高い為お勧めできない。』

 

ここまでの説明文で理解はオケ??

 

読者君(´・ω・`)
「じゃあ、実際どんな方法で
デートオファーをするタイミングを見極めればいいんだよ??」

 

ということになりますので、
ここいらでいくつか簡単なテクニックを紹介していきます。

 

今回は、2つのテストメッセージ(オファータイミングの見極め)パターンに分けて
紹介していきます。

 

ユーモアやゲーム感覚のノリでテストする

 

  • ユーモア
  • ゲーム感覚

女性は感受性豊かですので
基本的に楽しさや明るさといった雰囲気を非常に好みます。

 

今回の切り口は
女性に「なんか楽しそう!!」とか「なんか面白そう!!」という要素を打ち出すことで
デートオファーの売り込み感をカモフラージュ狙いがあるんですね。

 

例えば、好きなお酒の話題になった時に

○○ちゃんは、どんなお酒が好き??

男性

私は、ワインとかカクテルが好きですね!

女性

という流れから多くの人は、

 

そしたら、今度ワイン(カクテル)一緒に飲もうよ!!

男性

ってな具合にストレートに誘いがちになってしまいます。

 

もちろん、この場合は
相手へ『YES or NO』形式でのオファーをする形になりますから
女性が乗り気ではない時は『NO』を選択する他なくなるんですね。

 

ですが、ここで

結構飲めそうだよね。

男性

実は結構お酒弱いんですよね(汗)

女性

あ、俺と一緒だ(笑)

男性

○○さん、私より強そうですよ

女性

意外に弱いんだよね~。そしたら今度どっちがお酒弱いか勝負だな☆

男性

 

という形で、あえて『お酒弱い競争』として
冗談っぽくオファーを投げることによって

 

《返答パターン①》

いいですね(笑)どっちが弱いか勝負しましょう!

女性

《返答パターン②》

絶対私の方が弱いので勝負できません(笑)

女性

《返答パターン③》

弱さ勝負(笑)強さ勝負じゃないんですか(汗)

女性

というそれぞれの返しのように、

オファーに対して『YES』『NO』以外に
ただ単に『ボケに乗っかる』『ボケをスルーする』『ツッコむ』といった具合で
女性に色んな選択肢を与えることができるんですね。

 

しかもこちらから「一緒に○○しよう!!」と迫りくる感じもない為
女性としても『NO』を出したとしても
精神衛生上ストレスを感じることもありません。

 

何故なら女性の見方によっては

(冗談をかわしただけだから問題ないよね??)

女性

という言い訳ができるから。

 

前項で伝えたように、こちらとしても
“デートを断った”⇒“気まずい”というリスクも回避することができるので
気兼ねなくオファーをぶち込めるというわけですね。

 

そして、このテクニックの肝心なところが
相手の出方によって

『本格的なオファーに移るか??』
『本格的なオファーを控えるか??』

を見極める部分にあります。

 

もし、女性が

いいですね(笑)どっちが弱いか勝負しましょう!

女性

と返してきた場合、

 

手応えありと見て

じゃあ、弱さを証明するために実際に飲みに行こうか。

男性

という具合に本格的にデートを誘えばいいし、

 

女性が

絶対私の方が弱いので勝負できません(笑)

女性

と返してきた場合は、

 

手応えなしと見て

そしたら○○ちゃんに勝てるように一人で修行してきます!!

男性

という具合に雰囲気を壊さないように
さり気なくフェードアウトすればいいし、

 

女性が

弱さ勝負(笑)強さ勝負じゃないんですか(汗)

女性

と返してきた場合は、

 

保留又は仕切り直しと見て

あれ、弱いほうじゃ自信無しかな?(笑)じゃあ、強さ勝負にする??

男性

というように、更なる相手の出方を見る為に
再度イジリやボケをかまして反応をテストできるわけです。

 

 

これが他の話題になった時も同じように
例えば映画の話になった場合、

映画館で映画見るの好き??

男性

結構好きだね。

女性

よく一人で見に行ったりもする??

男性

そうだね~、たまにあるかも。

女性

という流れから、

 

俺が一緒に行ってあげるから、今度映画見に行こう!!

男性

 

と持ち掛けるのではなく、

 

最近の映画館は暗くて物騒だからな~

ボディガードなら任せてね!!ポップコーンLサイズで引き受けるよ☆

男性

という言い方で、
ボケをかますように相手の出方を見ていくわけです。

 

そして、お馴染みの女性の反応チェックで

ポップコーンでいいならお願いしようかな(笑)

女性

と返してきた場合、

 

手応えありと見て

ボディガードだけどチケット手配も任務だからね!行けそうな日を教えて☆

男性

という形でそのままちゃっかり日程決めの主導権を握り、

 

仮に、

映画くらいなら一人でも行けるから大丈夫(笑)

女性

と返してきた場合、

 

手応えなしと見て

クソ~、○○ちゃんの地区の映画館は安全だったかっ!!

俺の最寄りの映画館は、よくこんな取り押さえ事件があって危ないからさ。

映画泥棒

男性

という風に終始ボケ続けて
かわされた流れに意識を向けさせないようにカモフラージュしていきます。

 

 

また、

映画館ってそんなにヤバいところだったっけ?(笑)

女性

と返してきた場合、

 

保留又は仕切り直しと見て

だってほら、頻繁にポップコーンが飛んできてケガしやすいじゃん??(笑)

しかもキャラメルポップコーンだとコーティングされていて固いし。

男性

という具合に、ボケの流れを継続させて
更なる相手の出方により真意を探っていく形をとることができるでしょう。

 

そんな感じで、
『ユーモア&ゲーム感覚系』のオファーパターンは様々な切り口がありますが

とりあえずは、大枠として

ユーモア&ゲーム感覚を醸し出したオファーをする
女性の出方を見る
女性の返しに合わせて“攻める”“守る”“様子を見る”の方向性を決める

という流れを覚えておいてください。

 

「もしも~」というフレーズを使ってテストする

 

見出しにある通り
「もしも○○なら、△△かもね」というニュアンスの言い方にすることによって
相手の出方を見る方法です。

 

このやり方も、前項の『ユーモア&ゲーム感覚』路線と同じで
女性の反応でこちらの取るべき方針を変えるというもの。

 

これも例を挙げて説明しますね。

 

例えばこんな会話の流れがあったとします。

○○ちゃんと話しているとホント楽しいよ!!

男性

ホントですか??それは嬉しいです。

女性

 

普通であればそこで

そしたらさ、もっと色々話してみたいから今度試しに会ってみない??

男性

と直球ボールを投げてしまいがちですが、

 

あえて、

メッセージ上でこんなに話しやすいから、
もしこれが実際に会って話してたらもっと盛り上がってるかもね!!

男性

という形で間接的に伝えることによって、

デートオファー特有の売り込み感を感じさせず
尚且つ
『YES or NO』の選択を迫らず

“実際に自分(男性)と会うこと”への女性の関心度をはかることができるのです。

 

そして、テストメッセージを投げた後は
『ユーモア&ゲーム感覚』路線と同じように相手の出方を見て
攻め方を変化させていきます。

 

女性の反応が

そうだね!凄く話しやすいかも☆

女性

と返してきた場合、

 

手応えありと見て

じゃあ、今度お酒でも交えながら実際にトークの相性が良いか
確かめてみよう!!

男性

というように自然にアポの流れに持っていけばいいですし、

 

女性の反応が

どうなんでしょうね~

女性

と返してきた場合、

 

手応えなしと見て

そういえば、○○ちゃんってさ~

男性

という感じで話のテーマを変えてしまっても問題ありません。

 

更に、女性の反応が

そうなんですかね??

女性

と返してきた場合、

 

保留又は仕切り直しと見て

そうだと思うよ。○○ちゃんとやり取りし始めてから
楽しくて寝不足になったし(笑)

男性

ってな具合にユーモアでのダメ押しや
もっと女性が喜ぶようなコメントでテンションを上げてから
オファーをかますやり方もアリでしょう。

 

このように見てわかる通り、
終始、『ユーモア&ゲーム感覚』路線と要領は一緒です。

 

ただし、一つだけ気を付けなければいけないポイントがありまして
“会うこと”を匂わせすぎると女性に敬遠されるということ。

 

何故なら女性は、回りくどく主張を伝えてくる男性の姿勢に
女々しさやセコさといったマイナスな印象を抱くからです。

 

もしこちらの「実は会いたい」という意図がバレてしまうと

(会いたいならハッキリ言ってくればいいじゃん!!)

女性

と思う女性も少なくなりませんので、

極力、『実は会いたい心理』を悟られずに
女性に自分たちと会った時のことを想像させて
反応を出させる方向に仕向けることが肝となってきます。

 

その為には、いきなり

もし○○ちゃんと会ってたらもっと楽しいよ!!

男性

とコメントするのではなく、
ちゃんとその前の会話の流れ作りから意識する必要があるでしょう。

  • 女性とあるある話で盛り上がる
  • 女性と恋愛観で意気投合する
  • 女性と趣味や好きなことを語り合う

あくまでテストメッセージを送る為のお膳立てとして
上記の話題等で『盛り上がり実績』を作っておくのです。

 

そうすれば、

メッセージ上でこんなに話しやすいから、もしこれが実際に会って話してたらもっと盛り上がってるかもね!!

男性

に加えて、

実際、○○の話でこんなにも盛り上がることって中々ないしさ。

男性

という言い方により
本当に『意気投合できている根拠』を示すことで信ぴょう性が増しますし、

 

女性から

(この人は心からそう思って私とのやり取りの感想を述べているんだな~)

女性

と余計な方向に勘繰られなくて済むからです。

 

そういうことですから、
間違っても「会ったら楽しそうですね」という
前向きコメントを相手から引き出させようと

「絶対に会ったら楽しいよね!?」というように圧をかけるような迫り方は
くれぐれもしないように気を付けてください。

 

あくまで、『自分と会うこと』への関心度を
相手から引き出すための戦略としてサラリと言い放つ意識を心がけましょう。

 

まとめっっっっ!!

 

従来のような

「一緒にデートしてください!!」
「飲みに行きませんか??」

的なドストレートなデートのお誘いは、

  • 簡素な言い方過ぎて魅力が伝わらない
  • お馴染みのフレーズ過ぎて聞き飽きる
  • すぐに会いたがっているように伝わる為ガッカリ感がある

という欠点がある為、
極力避けるべき切り口。

 

また、デートオファーは失敗すると
女性の意識の中に『デートを断った』というネガティブな記憶が定着してしまう為
戦局が悪くなりやすい。

だとすれば、ぶっつけ本番の“体当たりオファー”は
誘われる側の女性の心理的を考えると効率的ではないと言える。

 

そんな不都合を解消すべく
現在の手応えを確かめる為の『テストメッセージ』テクニックを使っていくとよい。

テストメッセージパターン
  • ユーモアやゲーム感覚のノリでテストする
  • 「もしも~」というフレーズを使ってテストする

上記のテストパターンを使っていき、

下記のような流れで女性との現在の間合いをはかっていく。

ユーモア&ゲーム感覚を醸し出したオファーをする
女性の出方を見る
女性の返しに合わせて“攻める”“守る”“様子を見る”の方向性を決める

 

 

・・・

『安全性を重視したデートのオファーテクニック』
というのが今回の記事の趣旨。

 

やはり、手応えがある場面で勝負することで
仮に女性から『NO』を突きつけられたとしても
通常の誘い方に比べて痛手は少ない傾向にあります。

 

考えてみるとわかるのですが
こちらが投げているモノが相手の出方を見る為の『テストメッセージ』とは言えど、

女性から手応えありの返答を引き出せるということは
僅かながらでもこちらに興味関心があると言えます。

 

恐らく、手応えありで断られた場合の女性の気持ち的には
『まだデートをするだけの心の準備や大きな決め手がないだけで
もっと安心できるまでやり取り自体は引き続き継続していきたい』
という見方ができるでしょう。

 

そうなると、どういう形であれ『手応えありのお断りメッセージ』は
“通常オファーをした際のお断り”とは大分異質なものと言えるわけですね。

 

例えるとなると、

《通常オファー》

なんかつまんなそうだから断ろっと。

女性

《手応えあり後のオファー》

嫌なわけじゃないんだけど、もうちょっと様子見たいから
丁寧にお断りしなきゃ。

女性

という程の格差で。

 

実際に、私が手応えありの反応後にオファーをして断られた際も

わぁ~!!とっても嬉しいんですが、こういうの初めてで・・・
レイさんとってもいい方なので変な意味ではなく、
もう少しやり取りをしてからでも大丈夫ですか・・・?

だいぶ人見知りで緊張するので・・・

良かったらすぐにこの出会い系やめるつもりなので、
lineとか交換しませんか?

いろんなお話したいです!

女性

というように、
『嬉しい』とか『いろんな話がしたい!』といった前向きコメントも含めつつ
line移行も希望もしてくれるほどの好感触ぶりでした。
※この時は出会い系サイト内でのやり取りです。

 

ですから、
今回テクニックは攻め技としての効果は
さることながら、

守り技としてのリカバリー場面(再起をはかる)でも
効果を発揮してくれますので

デートに誘うことが怖いと思う人は
そこは安心して一度使ってみてほしいなと思いますね。

 

今回のように石橋を叩いて渡るような戦略もまた
賢い立ち回りと言えるでしょう。

 

《管理人おすすめ記事紹介》
今回の記事内容のように、デートに誘う上で安全確認は第一。

もちろん、それだけでも十分デートオファーの成功率は上がると言えるが
デートオファーの内容自体にも重みを付けてみてはどうだろうか??

今回のテクニックが攻撃のタイミングを見定めるものだとすると
下記のテクニックは攻撃そのものの威力を高める切り口となる。
↓    ↓    ↓
デートの約束が1.5倍に増える地味に効果のある誘い方~3つのスパイス~

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

いつも応援ありがとうございます!!
今回の記事が『お、おれの心に響いたぜ!!(゚ロ゚;)』と感じた方は
下のバナーに全身全霊を注いで鬼プッシュしてください。
※密かにクリックされているとキーボードクラッシュするくらい喜びます。
そして、ヨダレ垂らすほどニヤつきます。

(2つ押す場合「ctrlキー」を押しながら
クリックするとストレスなく押せます!!)
↓ ↓ ↓


デートランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテるデートに夜景はいらない!! , 2018 All Rights Reserved.