テストのお知らせ

◆◇◆◇女性を虜にする為の『デートテクニック』ブログ◆◇◆◇

【良い人止まりのあなたへ】女を友達→彼女に昇格させるならまずこれをやれ!

 
鼻くそをほじくる女
この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

※本編は記事の途中から始まります。
忙しい方は前書きを飛ばしてお読み下さい。

どうも、こんちは!!
レイです。

 

今回も始まりました、
『わたくしのどうでもいい呟きシリーズ』
カオスなお時間です。

 

・・・

普段、かなり長い付き合いのある女性と
lineでやり取りする機会があるんですが、

お互いほぼ素でいられる程の親密さになっているんですね。

 

例えば、私が全裸でジョジョ立ちしていても
「なんだ、そこにいたのね!」というように
ルンバを見つけるような感覚でその場の空気感を受け入れる順応ぶり。

 

仮に私が隣でAVを見始めても
自分の過ごしている時間に対して毛ほども影響を感じないらしく
スマホサーフィンに没頭できるほどの洗練された距離感の持ち主です。

 

基本、その女性と一緒にいるとき、
私は超ドSスイッチが入るので
汚い言葉や変態な言葉も平気で吐きまくるキャラクターに成り下がるのですが、

困ったことに、ドSな私への耐性が付き過ぎてしまって
最近はどんな暴言を吐いても動じなくなってきているんですね。

 

例えば、挨拶するときに
「よう、黒乳首!!」
と投げかけても
「うん、今日もいつも通りな様子だね」
と返されたり、

「メチャクチャにするぞ、コラ!!」
と脅しても
「今日も元気で何より」
とかわされたり、

基本的に相手をひるませようと試みる私が
毎度惨敗している状況です。

 

やはり、このままだと
対彼女用ドSキャラとしての沽券にかかわる事態となりますので
どうしたら彼女に一泡吹かせられるか色々考えていました。

 

・・・そこで、ふと閃いたんですね!!

 

「そうか、俺は今まで力技で彼女を制しようとしてきたが、
時には変化をつけることも大事なんだ!!」
という謎の妙案を。

 

そこで、私はlineで文章構成を“とあるテイスト”に変化させ
早速、彼女に攻撃を仕掛けました。

 

《Before》

ポッキーとトッポが食べたい。

女性

なんだ、冬場に備えて贅肉の貯蔵か??

レイ

[屈辱の既読スルー]

 

調子乗ってると、ポッキーで乳首削ぎ落すぞ!!

レイ

ごめんごめん、あまりにもしょうもない返事だったから(*´ω`*)

女性

ストリートファイター You lose

 

《After》

ポッキーとトッポが食べたい。

女性

なんだ、冬場に備えて贅肉の貯蔵か??

レイ

[屈辱の既読スルー]

 

いいよ(´◉◞౪◟◉)
今度会う時は逃がさないよ(´◉◞౪◟◉)
君の気持ちはわかったよ(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)
(´◉◞౪◟◉)

レイ

その顔文字怖い!(笑)

女性

ストリートファイター You win

 

 

ふふふふふっはははははっ!!

 

これだよ、これ。
Sが求めていたリアクションはっっっ!!
東京喰種 月島習

 

 

人知れずカタルシスを感じる私。

 

 

そこで、味をしめた私は
再度女性を追撃することに。

 

んで、○○(彼女の地元の駅名)って22時以降に遊べる場所って
どこかあったっけ??

レイ

ドン・キホーテ!!

女性

ん?(´◉◞౪◟◉)

ん?(´◉◞౪◟◉)

んんーーーーーーーーーーー?(´◉◞౪◟◉)

レイ

それか、○○だと・・・漫喫とか( ˘ω˘ )

女性

(って、おーーーーい!!免疫つけんの早ぇよ。)

レイ

ストリートファイター コンティニュー?

 

 

・・・くっ、またしても敗北!!

 

 

『・・・認めよう、今はお前が・・・強い!!』
Fate ギルガメッシュ

 

 

・・・私は学びました。

 

変態は一日にしてならず。

 

本当のキモさ(恐怖)とは、付け焼き刃なものではなく
そこに存在している時点でキモいと言えるほど圧倒的なものではなくてはならないと。

 

・・・私は誓いました。

 

エロスの道も一歩から。

 

いつか彼女の耐性を凌駕するほどの精神攻撃の達人になることをっ!!

 

~ 完 ~

 

【本編】

友達を彼女化させる為に、センスや才能は関係ない!!

 

あなたは好きな女性に想いを伝える中で
こんなことを言われたことはありませんか??

「○○さんは、彼氏というより友達って感じかな。」

「○○さんは、凄い良い人だとは思ってる。」

ていのいい言葉で放たれる
「ごめんなさい」をオブラートに包み込んだ残酷な一撃。

 

とにかく、こちらの自尊心を傷つけまいと
もっともらしい理由やワードを投げつけてきますが

逆に気遣われている現実が
更に痛々しく感じるのは何故でしょうか。

 

いっそのこと、一思いに
「ゴメン、私のタイプじゃないから!!」と
介錯してくれれば楽になれるものを

じわじわと苦痛を与えるような処刑方法に
多くの男性は悶絶し続けることでしょう。

 

ある意味、その行為は傍から見れば
死体蹴りそのものです。
※格闘ゲーム用語の1つ。対戦で敗れ、既に動けなくなっている相手キャラに対して
勝利したキャラ側がさらに攻撃を行う行為。

 

かく言う私も、
恋愛経験に乏しかったころは
女性から

「レイ君は真面目過ぎるから、私には勿体ないよ。」
とか

「友達としては、一緒にいて楽しいよ。」
といった、

心臓をえぐられるような言葉をよくかけられていたわけで

 

その度に
「あ~、人類の性別どっちか滅びね~かな」
なんて考えていたものです。

 

恐らく、あなたも
やり場のない怒りとやり場のない悲しみの中で
女という性別に恨みを覚えたことでしょう。

 

ですが、
それは決してあなたが人間的に劣っていたから
恋愛成就できなったわけではなく

単に『女性が求める彼氏像』を表現できなったからに他ならない
と考えています。

 

更に、その『女性が求める彼氏像』とは、
先天的に備わっている素質のようなものではなく
後天的に身に付けることのできる技術や知識のようなもの。

 

つまり、あとから勉強や訓練によって補える力であり
誰にでも手に入れることはできるんですね。

 

言ってしまえば、
教習所に通って車を運転できるようにする感覚と一緒で

正しい知識と実践により
いくらでも『女性が求める彼氏像』としての振る舞いや行動を
その身に刻みつけることは可能となるわけです。

 

もちろん、『女性が求める彼氏像』とは
これだけやればオケ!!的な代物ではなく

  • トーク
  • ファッション
  • 髪形
  • マナー
  • 肉体
  • エスコート

・・・などなど、磨いていく分野は多岐にわたるわけですが

一つひとつの項目の中身は難解な知識や技術が必要なものではなく
誰でもちゃんと学ぶことによって
実践な可能なレベルなものと言えるんですね。

 

私から言わせれば
運転免許を取る方が遥かに面倒で難しいと。

 

当然、今回お伝えする話も
読みさえすれば誰でも理解できる内容ですので

ポテチでも食べながらリラックスして読んでもらって結構です。

 

ここからは『女性が求める彼氏像』へと繋がる
必須アクションの一部をお伝えしていきます。

 

彼女に仕立て上げる為の魅惑のテクニック『スキンシップ』

 

恋愛で女性とイマイチ男女の仲に発展できないあなた。

 

そんな万年お預け状態なあなたへ
今回、何よりおすすめしたい恋愛テクニックが
『スキンシップ』という方法です。

 

「デートでは積極的にスキンシップをしろ!!」

 

恋愛熟練者の中では
かなりオーソドックスな手法として使われている
この『スキンシップ』。

 

私も、このスタイルに変化させてからは
女性と恋愛関係に発展する機会が急激に増えました。

 

やはり、スキンシップとは
体と体が触れ合う物理的なアプローチなだけあって

言葉や仕草で訴えかける精神的なアプローチよりも
遥かに威力が高いと言えるでしょう。

 

ちなみに、恋愛慣れしている人にとっては
スキンシップ自体、常識的な話かもしれませんが

初めて聞く人にとっては
「スキンシップ?・・・日本語でオケ??」的な感じになるかもしれません。

 

念の為、簡単に説明していきたいと思います。

 

そもそもスキンシップとは??

 

「そもそも、スキンシップってなんぞや??」ということで
まずは我らがブレーン、ウェキペディア君に解説をお願いしてみます。

スキンシップ(skin ship)
互いの身体や肌の一部を触れ合わせることにより
親密感や帰属感を高め、一体感を共有しあう行為を指す言葉である。
引用元:Wikipedia

ということらしいですが・・・オケ??

 

一応、私からも解説をいれるとすると

スキンシップ(skin ship)
お互いの肌の一部を触れ合わせることにより
表皮の刺激的な擦れ合いと毛穴のミクロでの絡み合いが官能的な刺激となって全身を駆け巡り、
細胞レベルで相手とのとろけるような交わりを求めたくなる行為を指す言葉である。
引用元:レイペディア

ということです・・・オケ??

 

とりあえず、簡単に言うと

  • 手を繋ぐ
  • ハグする
  • 頭を撫でる

ような行為がそれにあたりますよ!ってことですね。

 

しかも、スキンシップとは
前向き・プラスな意味合いを持ちますので、

相手の体や肌に触れるからと言って

  • 殴る
  • 蹴る
  • ひっかく

といった、攻撃したり傷つけたりする行為はスキンシップと呼びません。

 

仮にその類をスキンシップと考えるのは
“プロのドМ”や“北斗の拳の世界”だけと言えるわけで、

あくまで、コミュニケーションの位置づけとして
相手と信頼関係を築けるような行為がスキンシップである
と捉えておきましょう。

 

何故、彼女化する為にはスキンシップが必要なのか??

 

当たり前のように
女性から恋愛対象として見られるためには『スキンシップ』が有効である!!
と語っていますが、

そもそも何故スキンシップが必要になってくるのでしょうか??

 

それは、『スキンシップ』を行うことで
親密感や特別感を女性の意識の中に刷り込んでいく
ということ、

また、女性の本能的な部分を刺激して感情を動かしていこう
という目論見があるからなんですね。

 

つまり、スキンシップを行っていくことによって
『スキンシップをする仲 ⇒ 親密&特別な関係』
という形で錯覚を起こさせたり、

スキンシップにより
ドキドキやワクワクといった恋愛感情には欠かせない
心の動きを感じさせることによって

こちら側を『恋愛対象としての男性』として強く意識させる
狙いがあるということです。

 

やはり、中々恋愛関係に発展させられない多くの男性にありがちなパターンが

女性に対して当たり障りない行動

女性に対して友達と同じような距離感

といった、
全く心や感情が揺れないような接し方をしている人がほとんどなわけで、

先ほど言ったような
“親密感や特別感、ドキドキやワクワク”という
恋愛発展に必要な感情が皆無と言える状況なんですね。

 

言ってしまえば、

  • 友達といるとき
  • 家族といるとき
  • 知人といるとき

のテンションとなんら変わりないような状態。

 

『恋愛』とは、友達や仕事や趣味での出会いとは違い
本能で相手を見定める出会いなわけですから
当然、どんな出会いより“特別”でなければなりません。

 

そうなったときに女性が求める男性側の対応とは
『一人の人間として以上に一人の女として扱われること』が最重要であるわけで

“親しい&近しい間柄で行われるコミュニケーション手段”
として認識されているスキンシップは、
その『女』としての欲求を満たすには非常に適している方法と言えるわけです。

 

そして、スキンシップが
恋愛感情を作り出すに相応しい理由がもう一つありまして、

それは、スキンシップを行うことによって
『オキシトシン』というホルモンが分泌されることにより
相手の幸福度が増していくからなんです。

 

読者君(´・ω・`)
「幸福度ってかなりアバウトな話じゃね??」

 

ここではザックリ幸福という表現をしましたが、
厳密に言うとオキシトシンの人体へのもたらす作用とは

  • 安心感、親近感が高まる
  • 血圧の低下、心拍数の減少
  • ストレスホルモンの血中濃度減少
  • 記憶力向上
  • リラックス効果
  • 不安やストレス緩和
  • 感染症予防

という数多の効果があり
生活していく上で絶大な影響を及ぼすもの。

 

ってか、これだけ効果抜群なら
いっそのことオキシトシンだけ食って生活してみたい。

 

朝・昼・晩で一日3食、オキシトシン。

15時のおやつもオキシトシン。

おやすみ前にオキシトシン。

デートのディナーもオキシトシン。

趣味、特技・・・オキシトシン。

10秒チャージ、オキシトシン。

AV片手に、オキシトシン。

 

オキシトシンは、
別名『幸せホルモン』『愛情ホルモン』などと呼ばれているくらいで

恋愛関係や親子関係といった本能的な繋がりにおいては
この上なく必要不可欠な存在であると言えるでしょう。

 

特に多くの女性が望む恋愛への条件の一つとして
居心地の良さや落ち着ける場所という『癒しの提供』がキーワードとなっていますから、

オキシトシンのもたらす効果が
恋愛成就に寄与することは言うまでもありません。

 

・・・

このように恋愛感情とは
ドキドキやワクワクといった動的な感情と
安心感や親近感といった静的な感情の
二つの心の働きが合わさって出来上がっていくわけで、

恋愛の刺激的な側面であっても
恋愛の癒し的な側面であっても
どちらの側面からもアプローチできるのが『スキンシップ』という手段なのです。

 

実は、『女性はスキンシップが嫌い』は全くのデマ!!

 

『女性はスキンシップが嫌い』

そう思っている男性も少なくありません。

 

特に恋愛経験が少ない男性だと場数も少ないわけですから、

スキンシップの良し悪しが
体感として感じづらい状況にあると思います。

 

また、女性は口々に“男性のボディタッチ禁止”を公言してきますから、

その情報も相まって
『女性はスキンシップが嫌い』と誤った方向に
解釈してしまっている可能性があります。

 

それでは、はたして女性は本当にスキンシップが嫌いなのでしょうか??

 

 

 

その答えは、『NO』

見当違いも甚だしいぞ、コラコラッ!!・・・と。

 

確かに女性は安易に触られることを嫌がりますが、

実際のところ、女性はスキンシップが嫌いなのではなく
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”なのです。

 

 

・・・いいですか??

 

大事なことなのでもう10度言いましょう。

 

“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”
“興味のない&嫌いな男性からのスキンシップが嫌い”

 

・・・ふぅ。一回分はオマケだ。

 

 

・・・ということは??

裏を返せば“興味のある&好きな男性からのスキンシップ”は大歓迎
というもので、

そもそも“スキンシップ自体に好きも嫌いもない”
ということになります。

 

つまるところ、『誰からスキンシップされるか??』
がもっとも重要ということなんですね。

 

ちなみに、何故女性たちは口々に
スキンシップを嫌うような発言をしているかというと、
“浅はかな男たちから身を守る為”だからです。

 

こうやって冷静に恋愛と向き合っている私たちとは違い
多くの男性は女性への近づき方に節度がありません。

 

特に体の接触具合は度を超えている輩は非常に多いと言えるでしょう。

 

いきなりお尻を触ったり
無理やり胸を揉んだり
強引に抱き寄せたり

明らかに女性が嫌がるレベルでのお触りを平然とやってのける
そのぶっ飛んだ神経に脱帽しますが

 

ほとんどの男性は
それが正当だと
それが手っ取り早いと
それが効果的だと
思い込んでいるわけですから、

女性自身もそれに合わせて身の振り方を変えてくるのは当然と言えるんですね。

 

『スキンシップNG』という方針は
悪しき男性から身を守る術として行き着いた考えであり
女性の防衛本能の証と言えるわけです。

 

ですから、決して女性たちは
スキンシップ自体を敬遠しているわけではないので

万が一女性から『スキンシップNO!!』と言われたら
単にあなた自身の評価が低いだけと言えるでしょう。

 

その場合は、スキンシップという行為を改めるより
問題が潜んでいるあなた自身の
他の箇所の改善に努めることをおすすめします。

 

その結果、もし女性からの評価が上がっていけば

どんな激しいスキンシップだって

どんなエロスなお触りだって

なんだって受け入れてもらえるようになりますからね。

 

まとめ!!

 

女性と恋愛関係に発展できない人は
『女性が求める彼氏像』を体現できていないことが要因として挙げられる。
※『女性が求める彼氏像』は後天的に身に付けられる技術。

『女性が求める彼氏像』に近づける方法の一つとして
“スキンシップ”という手段がある。

スキンシップの具体的なアクション
  • 手を繋ぐ
  • ハグする
  • 頭を撫でる
  • マッサージをする
  • 膝枕
    etc…

 

スキンシップとは
肉体的なコミュニケーションと捉えてもらえばOK。

スキンシップを行う目的は
女性の心に特別な感情を抱かせることにあり。

スキンシップの効果
  • 親近感や特別感を感じさせる
  • ドキドキやワクワクといった
    女としての本能を刺激できる
  • オキシトシンというホルモンを分泌させて
    女性に安心感や癒しを与えられる

 

また、女性は『スキンシップが嫌い&苦手』という考えは本心ではない。

それは、スキンシップ自体への好き嫌いではなく
誰がスキンシップを行うか??という男性自身への好き嫌いの問題であるから。

 

 

・・・

ここまでスキンシップの重要性を伝えていきましたが
本能をくすぐる特別な行為なだけあって
扱い方によっては諸刃の剣となり得ます。

 

もちろん、スキンシップしないよりは
スキンシップをかましていく恋愛スタイルをおすすめしますが、

無鉄砲なお触りは、記事中にも書いた“浅はかな男”
つまり女性の防衛本能を脅かす“敵”とみなされるわけです。

 

読者君(´・ω・`)
「じゃあ、どうやってスキンシップすればいいの??」

 

という話になってくると思いますが、
今回は一旦ここであなたに考えてもらいたい。

 

  • 手を繋ぐ
  • ハグする
  • 頭を撫でる

これらが正当なスキンシップだとすると、

どうやって行えば女性に嫌がられることなく受け入れられるのか??

 

中々難しい問題ではありますが
自分の頭で考えて導き出す過程は、簡単に答えを差し出される過程よりも
何倍もの成長促進効果を生みます。

 

もしも、答えがわからず途方に暮れそうな場合は
あなたがゲイに言い寄られてるシチュエーションでも想像して見るといいでしょう。

 

手を繋がれて嫌じゃない流れとは
ハグされてイラっとしない切り口とは
頭を撫でられてしっくりくる加減とは

(いや、無理があるなこの例えは)

 

 

・・・ゲイは一先ず置いておいて、

今後のあなたのデートにスキンシップというルートを
一つ増やしてみてはどうでしょうか??

 

スキンシップにより上手く女性のツボを突ければ
あなたが体感したことない程のスピードで恋愛の進展が望めること請け合いですね。

 

是非、勇気ある検証されたし!!

 

PS.
一応、次回の記事では
具体的なスキンシップ方法を紹介していくつもりです。

自分で考えろ!といっておきながら、
こちらから何も答えを出さないのも酷ですからね。

女性の体に触れると言えどちゃんとした流れでスキンシップを行えば
全く嫌がれることもなくすんなり受け入れてくれますから。

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

いつも応援ありがとうございます!!
今回の記事が『お、おれの心に響いたぜ!!(゚ロ゚;)』と感じた方は
下のバナーに全身全霊を注いで鬼プッシュしてください。
※密かにクリックされているとキーボードクラッシュするくらい喜びます。
そして、ヨダレ垂らすほどニヤつきます。

(2つ押す場合「ctrlキー」を押しながら
クリックするとストレスなく押せます!!)
↓ ↓ ↓


デートランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテるデートに夜景はいらない!! , 2018 All Rights Reserved.