テストのお知らせ

◆◇◆◇女性を虜にする為の『デートテクニック』ブログ◆◇◆◇

実は簡単!?モテるデートの実際と失敗しない為のモテ思考

 
モテるデートカップル腕組み
この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんちは!!
レイです。

 

さてさて、ようやく新ブログも完成したところで
早速初投稿といきますか。

 

既にアメブロ時代から愛読してくれている読者の人は
お馴染みかもしれませんが、

本編前に書き殴るこの前置きはとにかく自由でカオスです。

 

少々、常人には早すぎる内容を書く場合もありますので
そこら辺はご容赦ください。

 

基本的に本編が真面目なテイストなので
私の世界観を出すには物足りないんですね。

 

なので、ある種の欲求の開放的な感じで
このスペースで使って暴れさせてもらってます。

 

もちろん、たまに真面目なことも書きますので
いい感じで“陰と陽の織りなす変態グラデーション”が私のブログの特徴でもありますね。

 

一応、目論見としては
このブログを機に読者の人も変態思考に染まってくれればいいな、
なんて考えていたり考えていなかったり。

 

これから長いお付き合いになるとは思いますが、
引力最大の私の変態ブラックホールをとくとご堪能下さい。

 

【本編】

意外と知らない『モテるデート』の本当のところ

 

「モテるデートとは??」

 

この問いを立てられた時に
あなたはどんなデートを想像しますか??

  • 分刻みでプランニングされた一切手抜かりのないデート
  • 豪華な装飾やおもてなしで非日常感を演出したデート
  • サプライズを用意した感動を与えるようなデート

パッと思いつくとしたら
こういった特別感のあるデートが思い浮かぶのではないでしょうか??

 

もちろん、これについては正解でも不正解でもありません。

 

何故なら“モテるデート”というものは
相手の女性があって初めてコレっ!!と決まるものだから。

 

基本的に世間で言われている
『○○デートがモテる!!』という考えは
単なる幻想であり、

あくまで一般的な女性の好みの傾向を捉えた
多数派意見でしかないわけなんですね。

 

『10人の女性がいたら5人とか6人にはウケがいいデート』
というだけの話であり、

必ずしも全ての女性の心に刺さるとは限らない選択肢なわけです。

 

読者君(´・ω・`)
「じゃあ正解のデートは、その女性に合わせて自分の頭で考えろってわけ??」

 

オブラートに包まず言うとそういうことです。

 

本来、モテる男性となる為には色んな知識や経験をもとに

その時、その場所、その相手に合わせて
最良の選択をできてこそ初めてその境地に至るのですが、

 

・・・それを言ったら身も蓋もないかもしれませんね。

 

皮肉なことに、恋愛での正解とは
自分で導き出す過程が必要不可欠であることは間違いありません。

 

ですが、
ここではそんな丸投げ回答をするつもりはなくてですね、

 

まずは!!

 

あなたの頭の柔軟体操ということで
“間違ったモテるデート”の解釈や考えを矯正するべく

ザックリと「モテるデートをする為にはこういう考えが必要なんだよ!!」
ということだけでも頭の片隅に詰め込みたいと思っている次第です。

 

そして、今回あえてこういう話を持ち出したのも
「“モテるデート”にすることは別に特別難しいものではないんだよ」
ということを伝える為でもあります。

 

何故かというと、先ほどのように

分刻みでプランニングされた一切手抜かりのないデート
豪華な装飾やおもてなしで非日常感を演出したデート
サプライズを用意した感動を与えるようなデート

というような、
“出来る男感を前面に出したデートがモテる”
一辺倒な解釈が世にはびこっているから。

 

いつも前線で女性とのデートを観察してきた私から言わせると
「庶民的なデートでも十分女性は喜んでくれる」と
そこは胸を張って豪語することができます。

 

更に、中には
“非日常感を出し過ぎると却って委縮してしまい楽しめない女性も一定数いる”
という現実も忘れはなりません。

 

私自身も、そこら辺の相性を読み違えて
何度もそういうタイプの女性に『出来る男アプローチ』をして失敗しましたから・・・

 

恐らく、そういうタイプの女性は
あなたのようにまだ右も左もわからない初々しい感じの雰囲気の方が
居心地が良かったかもしれませんね。

 

そう考えると、
あなたにだからこそ伝えられる魅力もあるわけで

「全く恋愛経験が無い自分にでもできることはある!!」
と、この現実を前に進む原動力としてください。

 

 

これが現実!!『モテるデート』の拍子抜けの中身とは!?

 

是非、みんなの参考になればと思っているので
ここからは私が実際に今まで行ってきたデート内容を伝えていきたいと思います。

 

“デートアドバイザー”として名乗ってくるくらいだから
「さぞかし常人が思いつかないようなスペシャルなデート内容ばかりなんだろうな」
と思っている人もいるんじゃないかと心配もありますしね。

 

ただ・・・

 

もし、大人しく正座をしながら
“度肝を抜くような回答”を待ちわびている方がいましたら
先にお詫び申し上げておきます。

 

「そんな究極奥義的なスペシャルデート、実際必要ないですしやらないですし、サーセン(笑)」
と。

 

んで、もし今後そんなビッグな回答を期待しているなら
重ねてお詫び申し上げておきます。

 

「庶民の庶民による庶民の為のデートがこのブログのコンセプトなんで、サーセン(笑)」
と。

 

読者君(´・ω・`)
「じゃあこのブログは豪華なデートや派手なデートについてはノータッチなのか??」

 

・・・と言われれば、
そういうわけではありません。

 

ホテルのラウンジや高級レストランといった、
ドレスコードやチャージ料があるようなデート先での立ち回りについても
もちろん取り上げたりしますからね。

 

ただし、そういう場所は
恋愛の基礎ができてからの挑戦をお勧めしたいと思っていますので
最初は私たち庶民の身の丈に合った内容で勝負していきましょう。

 

ちなみにですね、
私が今まで女性と行ってきたデートの内容はどんなものかというと・・・

 

80%以上が『食事デート』
です。

 

更に、そのお店のほとんどが
『予算4000円程度の一般的なお店』
なんですね。
※予算4000円とは、一人当たりの料金。2人で総額8000円。

 

しかも、相手によっては
大衆居酒屋チェーン店の『○○水産』とか『○○の宴』とか普通に行きます。

 

場合によっては、
カフェとかで1000円もかからないデートをするときもあります。

 

尚且つ、落とすまでのデートの流れも

食事デート ⇒ 個室イン ⇒ ホテルとか、

食事デート ⇒ ホテルとか

そういうレベルです。

 

会ってその日に落とせる場合は上記の通りですが、

日を改める場合であっても、

《1回目》
食事デート

《2回目》
食事デート

《3回目》
食事デート ⇒ ホテル

とか、そんな流れです。

 

「いやいやいや、食事デートしかしてないじゃん!!」

 

って思うかもしれませんが、

いいえ、これでいいんです。

 

だって、女性が満足しているから。

だって、女性が会いたがってくれているから。

だって、女性が抱かれたいと思っているから。

 

しっかりと女性がこちらに価値を感じているので
必要以上の過剰な演出はいらないんですね。

 

むしろ、演出だけ一丁前で厚みのない時間を過ごさせるデートに比べたら
数万倍良心的だろうと思っています。

 

やはりデートで大事なことは
“その時間を通じて女性に価値を提供できるか??”という部分なわけですから

それが

お店という環境で価値を感じさせるか

トークという手段で価値を感じさせるか

プレゼントというツールで価値を感じさせるか

は、各々のセンスにかかってくるわけで、
どこに重きを置くは自由となります。

 

私のデートでは、たまたま『トーク』や『雰囲気』という形に特化されて
価値が伝わっていただけに過ぎません。

 

最終的には、
“女性から特別(必要)な男性と認定されること”
これこそがデートにおいてのゴールなのです。

 

 

“モテる為のデート思考”は、デート場所(お店)選びよりも重し

 

「へっ、女性を落とすためのデートってこんなもんなの??」
と思った方がほとんどかもしれませんが、

実際に私の周りにいるモテる男性も
基本デート場所は“食事デート”ばかりです。

 

当然、その間で女性を口説きます。

 

特別、デート内容とかデートの環境に頼り過ぎず
あくまで己の男子力&人間力で女性に勝負します。

 

ですから、いかなる環境であっても
基本的に女性とのデート結果に大きなブレはありません。

 

女性が価値を感じる要素の大半が“私たちプレイヤー自身”なのですから
自分がブレなければパフォーマンスも一定になるわけであって。

 

ということは、デート環境に頼り過ぎないとは
自ずとデート結果を安定させることにも繋がりますので

やはり最初は
己(プレイヤーである自分)の部分に対してのデートスキルから
優先的に向上させることがベストだと感じますね。

 

 

本題に戻しますが、
このように『モテるデート』とは、

いつでも
どこでも
誰にでも

実践できるような内容であったりします。

 

実際に“一緒にご飯に行く”とか、
小学生でもできるような行為ですからね。

 

『モテるデート』とは
あなたが思うほど内容が凝っているわけではなく
あなたが思うほど難しい行動ではないのです。

 

そして、ここがデートへ向き合う上で
凄く大事な考えになるんですが

そもそも
『モテるデート』=『??』
というように

“モテるデートは何だろう??”と考えるのではなく

 

『○○デート』×『あなた』 =『モテるデート』
というように

“どんな内容でも俺の力でモテるデートに変えてしまおう!!”

という目の付け所が
本来モテるに必要な在り方ではないのかなと。

 

もしこう考えることができると
先ほど言ったようにデート環境に振り回されませんし、

いつでも
どこでも
誰とでも

最高の時間を過ごすことが可能となってきます。

 

尚且つ、ほとんどの男性は
“モテるデートは何だろう??”思考になっていますので
その姿勢の違いで伝わる魅力はかなりのものでしょう。

 

差別化を図るのも容易になってきます。

 

ですから、
もし、目先のデートに囚われて

『デート お店』
『デート 内容』
『デート場所 おすすめ』

とか一心不乱に検索しているなら、
一旦冷静になって考えることをおすすめしますね。

 

それよりも、相手の女性との
LINEやり取りを見返したり
SNS投稿をチェックしておいたり
プロフィール情報を確認したり

女性を知る為の情報収集の方が圧倒的に成功への近道になる
と言えるでしょう。

 

そこで集めたネタから花咲く会話の方が
何十倍も女性への楽しい時間を提供できること請け合いですからね。

 

そんな感じですので、
是非今回の考えを参考にデートに取り組んでみてください。

 

 

・・・ということで今回は以上です。

 

しょっぱなから説教じみた記事になってしまいましたが
残念ながらこれが私のスタイルなんですね(笑)

 

そんな感じですので熱い戯言が好きな方は
また是非!是非!!変態思考に染まりに来てください。

 

それでは、また次回お会いしましょう~

 

ありがとうございました!!

 

PS.
一応念を押しておきますが、
今回の記事は「“デート場所”や“お店選び”を無視しましょう!!」
という内容ではないことは認識しておいてください。

デート戦略において、デート場所やお店選びは大事な要素の一つです。

ただ、順序として最初にそこだけに固執してしまうのは
デート失敗の大きな原因となります。

「自分自身のデートスキルアップをしっかりやった!!」
こういう人にこそ初めて、デート場所(お店)選びの真価が発揮されるのです。

 

よろしければこちらの記事もどうぞ(^^
「そうは言っても中々デート先が決まらないよ~」という人に
是非おすすめの記事です。

↓    ↓    ↓

《関連記事》
初めてのデート場所で“食事”を絶対におすすめする3つの理由

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

いつも応援ありがとうございます!!
今回の記事が『お、おれの心に響いたぜ!!(゚ロ゚;)』と感じた方は
下のバナーに全身全霊を注いで鬼プッシュしてください。
※密かにクリックされているとキーボードクラッシュするくらい喜びます。
そして、ヨダレ垂らすほどニヤつきます。

(2つ押す場合「ctrlキー」を押しながら
クリックするとストレスなく押せます!!)
↓ ↓ ↓


デートランキング

にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-+:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-++:-+:-+:-

この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテるデートに夜景はいらない!! , 2018 All Rights Reserved.