テストのお知らせ

◆◇◆◇女性を虜にする為の『デートテクニック』ブログ◆◇◆◇

おいコラ、そこの女。ワインは人の価値を測る物差しじゃねぇ!!

 
おいコラ、そこの女。ワインは人の価値を測る物差しじゃねぇ!!
この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんちは!!
レイです。

 

今回は、私が日常で感じた出来事について
色々話していきたいと思います。

 

いつもみたいに恋愛の話をする感じというよりは
私がこのブログを運営する意味についてや
マインドセット的なことがメインになるかなと。

 

興味のある人は、
是非目を通してもらえると嬉しいですね。

 

趣味系のスクールは出会いのバラエティパック

 

最近、私は自分磨きの一環として
ワインスクールに通っているのは周知のとおりですが

通い始めてからは
色んな人と出会う日々が続いています。

 

確かにスクール形式なので、一つのコミュニティとして
色んな人と触れ合う機会がそこにはあるんですね。

 

授業中にワークで話すときもあれば
授業後に飲みに行く機会もあったり

また、合同で他のクラスのメンバーと
ワイン会で知り合う場があったりと

とにかくワイン漬けになりながら
ひたすら色んな人と交流している感じです。

 

んで、ですね。

実際にどんな人と関わっているかと言うと
男性女性年齢問わず

  • サラリーマン
  • 経営者
  • 学生
  • 主婦

などなど、あらゆる属性の人達が
そのコミュニティに集っている状況です。

 

しかも、『ワイン』というジャンルだけあって
ハイステータスな人達が結構な確率で潜んでいるのがまた面白い。

 

例えば、

  • ファーストクラスに乗って、しかも高級ワインを数十万空けてしまうような経営者
  • 絶賛映画出演中の女優
  • ホリ〇モンとかと接点を持つ女性(←何やってるか不明)

といった、普段過ごしていたら
中々出会わないような人たちと酒を飲み交わすことができます。

 

個人的に、自分の殻を破りたければ
こういったコミュニティに参加するのはお勧めだと思いますね。

 

私は、良い刺激はドンドンエネルギーに変えていくタイプで、
その反面簡単にブレたりしないので
こういった人たちと出会っても通常運転で過ごしますが

「なんか日常に刺激が足りない!!」と思う人は
環境の変化で自分に程よい圧力をかけて成長を促すといいでしょう。

 

金やワインで人の価値を推し量る『とある女の腐った物差し』

 

私の通っているワインスクールは、『ワイン』というカテゴリーの影響もそうですが、
スクール自体も大きいので格式高い人の割合も多いのが実際です。

  • 経営者
  • マダム
  • 芸能関係者

etc…

もちろん、それはそれで悪いことではないんですが、
その影響もあって勘違いしている人も一定数存在してしまうんですね。

  • 職業や年収をアピールする人
  • 人脈を自慢する人
  • 飲んでるワインで自分を大きく見せる人

別にこっちから聞いているわけでもないのに
「こないだ○○(有名人)と飲んで~」
「普段、○○ワイン(高級ワイン)しか飲まないんだよね~」
と、わざわざアピールしてくる人がいるんですよ、これが。

 

まぁ、それ自体は色んな出会いでよくあることなんで
私は「そうなんですね~、セレブですね~」と言うだけですし、
実害がないのでまだ良しとしよう。

 

ただね、その中で地位や名誉や金といった社会的ステータスを物差し
他人を非難し始めるケースもあるので
その場合は話が違いますよってことになってくるわけです。

 

特に最近、私が「はぁ!?」と思ったことが

 

最近、○○のワイン会に参加したときに、持ち込みワインを高級なやつにしたの。

女性

周りの人も高いワインを持ってきてたの?

レイ

いや、みんな安いワインしか持ってこなかったからマジで無駄金だったわ。ワイン会もメッチャつまらなかったし。もっと安いやつにすれば良かった。

女性

という女性の発言ですね。

 

・・・ん~。

これだけだと、みんなには伝わらないかな~(笑)

 

つまりですね、『持ち込み制のワイン会』って各自参加する人が
ワインを一本自分で選んで用意するんですけど、

一般的には“持ち込みワインの値段は3000円~”という具合に
平等感を出す為に「最低○○円以上のワインを持ってきてね!」と
ルールが決められているんですね。

 

もちろんワイン会によって、持ち込みワインの価格設定が変わりますが、
色んな人が参加できる一般向けのワイン会であれば
3000円くらいからが標準的な価格設定だと言えるでしょう。

 

恐らく、先ほどの女性が参加したワイン会もその類のもの。

 

そう考えると、ワイン会に集まるボトルのラインナップが
一本3000円前後になるのは当たり前のことで、
さっきの女性もそれをわかってワインを用意していたはずなんですよ。

 

なのにですね、自分が勝手に一本数万円するワインを持ってきて
他の人のワインを安い呼ばわりして無駄だと切り捨てるのは、
人としてどうなのか??と思わずにはいられませんでした。

 

私から言わせてみれば、
「高級ワインを見せつけてセレブ自慢したかっただけだろうが!!」
って話ですね。

 

まずは、ワインを飲む前に
腐った性根をワインで消毒しやがれと。

 

やっぱり、私は高貴なワイン世界に身を投じたとしても思うことは
『ワインで人の優劣が決まってはいけない』ものなんだと。

 

どんなに、素晴らしいワインを知っていようが
どんなに、素晴らしいワインを持っていようが
それだけで人の価値は決められないんですよ。

 

しかも、ちょうど別のワイン会で知り合った女性と話したときに

 

凄いセレブ感ありますね~。普段から高いワインを飲むんですか??

レイ

そんなことないですよ。実は周りが凄い人ばかりで、背伸びしてきてるんです。
参加させてもらえるように色々気を遣ってまして・・・。

女性

的なことを聞いていたので、
尚更そういった立場でワインを楽しもうとしている人のことを思うと
彼女の発言を見過ごすことが出来なかったのです。

 

別に自分のワインだけが高かろうが何だろうが、
みんなに振舞って喜んでもらえるなら
それはそれで高いワインを持っていく一つの理由になると思うんですよね。

 

たまたま自分だけ高級ワイン

↓ ↓ ↓

せっかくだしみんなにおすそ分け

↓ ↓ ↓

みんな喜ぶ

↓ ↓ ↓

ガッツポーズ

 

・・・でいいじゃんって。

 

値段ありきでその会を酷評するなんて
「てめぇの血は何色だ!!」って話ですよ、ホント。

 

恐らく、こういうコミュニティ内差別って
ワインに限らず他のコミュニティでもはびこっていると思っています。

 

一つのテーマがあって
それに興味を持つ人たちが己の意思で参加する。

 

色んな人が集まるので、
参加者同士で当然のように知識や実力の差が生まれる為、

その差から生まれる多少の優劣が
コミュニティの人間関係を築き上げていきます。

 

もちろん、上の者が下の者を支援する形で
相互扶助の精神があれば
そういったコミュニティの在り方も必要となるでしょう。

 

ですが、多くの場合は己の顕示欲を満たしたいがために
自分と相手を天秤にかけて人としての優劣を決めつけていくのです。

 

それが金が絡むテーマであればあるほどに・・・。

 

誰しもが成り上がれる平等の恋愛コミュニティ~ニートだってウェルカム!!~

 

私も恋愛情報を発信していく傍ら
一つのコミュニティを築くのが目標でもあります。

 

ただ単に、モテる方法を読者に届けるのではなく
モテずに困っている男性達が安心して駆け込める場所を提供したいんです。

 

そのコミュニティに入ればモテるようになることはもちろん、

色んな仲間と出会えるような機会だったり
頑張ることに楽しみを見出せるような機会だったり
どんな悩みでも共有できる機会であったり

どれだけ恋愛が下手くそでも
どれだけ社会的地位が低くても
平等にコミュニティライフを楽しめる成長の場を提供したいんです。

 

女性とマトモに話すことが出来ないんですけど、参加しても大丈夫ですか?

男性

俺と話が出来ている時点で合格。今すぐ参加しなさい。

レイ

バイト生活しているんですけど、こんな僕でも参加できますか?

男性

俺もサラリーマン辞めてバイトしてたからもう仲間。今すぐ参加しなさい。

レイ

人様に言えないような境遇であっても全く関係ないんですよ。

 

立ち上がる勇気と進むための覚悟だけ
持っていてくれればいいだけなんで。

 

そんな感じで、私の考えに共感してくれる人を集める為にも
こういった人間性がわかる記事を
わざわざブログで公開している今日この頃なのです。

 

ただし、コミュニティを作ると言っても
参加者はどんな人でもいいわけではないことは言っておきたい。

 

さっきも言ったように、己の欲を満たすことだけしか考えられない人は
どんな高い金を積まれても受け入れることはないでしょう。

 

絶対にです。

 

コミュニティ参加者一人ひとりの想いを大事にする為にも
健全な人付き合いができて、
同じ方向を向いている人だけに来て欲しいと思っていますね。

 

一流レストランや高級ホテルが
場の雰囲気を保つためにドレスコートを設けるように

私のコミュニティも
場の健全性を保つためのこだわりがそこにはあるからです。

 

ちなみに、今すぐ「コミュニティ作ったから参加してね~」
って言いたいところですけど、
現段階では出来上がっているわけではないんですよね、これが(笑)

 

今は、kindle本の2冊目を作成してまして
その本をキッカケにモテる人が一人でも増えればな~
なんて考えてます。

 

そして、その内容に興味を持ってもらって
私の世界観に共感して付いてきてもらえたらなって。

 

もちろん、既にメルマガを発刊していて
読者限定での簡単なコミュニティっぽい場は出来ていますので
興味のある方は覗いてみてください。
※無料です。

 

メルマガ限定の恋愛情報も流していますので
ぶっちゃけブログよりも内容が濃かったりしますから。

 

あ、あと下ネタとかも濃い。

↓  ↓  ↓

恋愛成就で人生成功プログラム

 

 

最後に、あなたも恋愛スキルを磨いていく上で
色んな場所で色んな人と出会うことになると思いますが、
どんな誘惑があっても絶対にブレないでいてほしい。

  • 肩書き
  • 年収
  • 人脈

そういったものが社会で過ごしていく上で
一つのステータスとして認識されている現実がありますが
それだけが人間の良し悪し全てではないこと。

 

確かに恋愛でも
年収が多いほうが有利でしょう。
肩書が凄いほうが有利でしょう。

 

しかし、それはあくまで
人が出会って関係が出来上がるまでの入口の部分なだけであって

最終的に女性の心にあなたの存在が刻まれるか否かは
人としての在り方なんです。

 

もしも表面的な魅力だけで
女性を口説き始めたら、その時は最後でしょうね。

 

麻薬と一緒で、一度楽して快感を得ることを覚えてしまったら
そう簡単に悪い癖は治せなくなりますから。

 

そうならない為にも、“絶対にブレないでほしい”

・・・すなわち、他の男性には真似できない『あなただけの人間的な魅せ方』
女性を口説く道を選んでいってほしいと切に願っています。

 

私がコミュニティを作って
悩める男性達の先導者となるように、

あなたもまた、
女性を幸せに導く為の先導者となるわけですから。

 

《管理人おすすめ記事紹介》

私の魂の叫び(愚痴)にお付き合いいただきありがとう!!

文末で述べたように、女性を口説くには“人としての在り方”・・・つまり『人間的魅力』が必要不可欠となる。

そこで私が実際に、『人間的魅力』を打ち出して女性を口説いた実例を紹介していくので、具体的にどんな切り込み方が有効なのかを学んでみてほしい。

ネットが普及して誰もが簡単に出会える恋愛の戦国時代だからこそ、他の男性と差別化する為の『人間的魅力』の獲得を、今あなたに伝授したい。


(実録解説)本当に可能?デートで恋愛話(トーク)無しで女性を抱く方法

この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテるデートに夜景はいらない!! , 2020 All Rights Reserved.