テストのお知らせ

◆◇◆◇女性を虜にする為の『デートテクニック』ブログ◆◇◆◇

【男性注目】恋愛で告白は負け犬行為~デートに不安な君の為のQ&A集~

 
【男性注目】恋愛で告白は負け犬行為~デートに不安な君の為のQ&A集~
この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

炎の恋愛お悩み相談教室ロゴ

登場キャラクター

レイ先生プロフィール画像
レイ先生

【名前】
“レイ先生(ブログ主)”
※画像はイメージです。

【説明】
恋愛相談への過剰な情熱を持ち合わせているせいか、南極の氷が溶けるほどの暑苦しさを発揮する。世界で唯一、火山を火傷させた漢として国の天然記念物に指定される予定(適当)。とにかく、人としても男としても虐げられてきた経験を持つゆえに、同じ境遇の人間に対して一肌脱ぐことを生き甲斐としている。

 

相談教室の過去記事紹介ロゴ

全編Q&A形式のひと記事完結型になっているぞ。
過去記事を見ていない人は、かなり重要なことが書いてあるから
先に下記の記事から目を通しておこう!!

【当シリーズの記事一覧】
(火傷注意)男性のハゲる程の恋愛の悩みを120%の力で答えてみた
※9分19秒くらい見れる記事。

 

第二回『レイ先生の炎の恋愛お悩み相談教室』朝礼!!
~不安が心を強くし、悩みが器をデカくする~

教壇に立つレイ

 

さぁさぁみんな!!

『炎の恋愛お悩み相談教室』の時間がやってきたぞ。

 

久々の登場過ぎて男性ホルモンが溜まりっぱなしな今日この頃だが
今回も遠慮なく君に熱いエールと熱い抱擁をお見舞いしていこうと思う。

 

一応、この記事が初めての人もいるから簡単に説明しておくが
この『炎の恋愛お悩み相談教室』は、

人には言えないようなデリケートな悩みから

誰しもが抱えているような普遍的な悩みまで

男性が抱く恋愛の不安にQ&A形式で

“俺が120%の力で答えていくコーナー”となっている。

 

イメージ的にはこんなシチュエーションの中
先生の情熱を受け止めている感じを想像してくれ。

レイ腕枕②

 

更に、この記事を読み切ったあかつきには
もれなく悩みを出し切った爽快感と俺の汗にまみれた不快感が待っているだろう。

 

是非とも逃げ出さずに全力で向き合ってくれよな!!

 

そして、最後にこれだけは忠告しておく・・・

読む人はくれぐれも火傷しないように注意すること!!

 

その意味は読んだ人のみぞわかることだろう・・・。

 

 

それでは、Q&A開始まで残り

 

 

・・・3

 

 

・・・2

 

 

・・・1

 

 

・・・いくぜぇぇぇぇーーーーーーー!!

叫ぶレイ

 

Q、恋愛になると女性にすぐに告白したくなるんです。

 

ダメだ。

 

ダメだ!

 

ダメだ!!

 

ダメだ!!!

 

おっとすまない。

俺としたことが否定形から入ってしまった。

 

ダメなんだけど、君自身はダメじゃない!!

 

だだな・・・

恋愛では能動的に攻める立場にある男性であっても
『告白』はやってはいけない行動の一つになるんだよ。

 

一般的に、告白とは

  • 素晴らしいもの
  • 大事なもの
  • 必要なもの

として捉えられているが、
実はあれはメディアが作り出したと言われるデタラメの価値観だ。

 

語弊があるといけないので細かく言わせてもらうと、

男性からの『告白』とは、
女性にとって都合の良い機会となり
男性にとって都合の悪い機会となる。

 

それは何故かというと『告白』することによって
女性に主導権が渡ってしまうからだ。

 

一旦想像してもらいたいんだが
「あなたのことが好きです。付き合ってください!!」
とセリフを投げるシチュエーションを思い出してほしい。

 

これは何を意味するかわかるか??

 

つまりだな、

1、「あなたのことが好きです」
赤横矢印 自分の気持ちをさらけ出し過ぎて、
この時点で「○○君は私のことどんな風に考えているんだろう??」という
恋愛の駆け引きに終焉が訪れてしまうこと。


2、「付き合ってください!!」
赤横矢印『YES or NO』の選択を全面的に女性に委ねてしまうこと。

という二つの条件により、本来『好き』の源泉となるドキドキワクワクを育む環境から
大きく逸脱してしまうことになるからだ。

 

更には、告白とは「お願いしますから私を拾ってください!!」という具合に
相手にすがりつくことでこちらの主張を半ば強引に押し通そうとする行為とも言えるのだ。

 

果たしてこんな戦略で女性の興味を引き出せるだろうか??

 

そもそも、モテる男性とは自分から告白するのではなく
相手から告白、または言い寄らせるスタンスを取るものである。

 

当然、結ばれる過程で最初は種まきとして
女性にささやかな好意を放つことで相手の気持ちを盛り上げる手順を踏むものの

最終的には

「ねぇ、私たちってどんな関係??」

「○○君って私の事どう思ってるの??」

という具合に女性から核心に迫らせるストーリー展開が
恋愛で勝利する為の必要な戦略となるのだ。

そして、

その思考こそがモテ男のモテ男たる所以となるのだ。
※女性にとって上記のセリフは、告白に近い意味合いを含んでいる。

 

俺自身も、今まで口説いた女性のほとんどが
『告白抜きの相手から言い寄らせたパターン』に属するものだと言えるだろう。

 

もちろん、告白をしない戦略を取るようになってから
格段に女性を口説ける割合が増えたことは言うまでもない。

 

何故なら、単純に“告白をしない”というプロセス自体が強力な手法であることは
さることながら、

自分の中で「告白しないで落とすにはどうすればいいか??」という思考に切り替わる為
相応の努力や工夫をするようになったからだ。

 

今までの俺は、女性との駆け引きに行き詰まると
「とりあえず告白して上手くいけばOKもらえるかも??」
という運否天賦な考えに陥り、

口説くために必要な

  • 考える
  • 工夫する
  • 忍耐する

という部分を疎かにしていた為
当然のように結果が伴うことはなかった。

 

そもそも告白という手段を
『相手の好意を増幅させるもの&引き出すもの』と捉えているのだから尚の事。

 

いいか??

ケツの穴をかっぽじってよく聞くんだ!!

 

告白とは
『相手の好意を増幅させるもの&引き出すものの』

・・・ではなく、

『告白した時点での相手の気持ちでYESかNOの判断を問うもの』

という解釈が真実だ!!

 

つまり、告白した時点で相手に気持ちが無ければ
その時点でTHE END!!ということになる。

 

更にタチが悪いことに、一緒にいる過程で絶賛気持ちが増大中だったとしても
告白により強制的にその気持ちの成長をストップさせてしまう効果も併せ持つ。

 

・・・わかりやすくする為に、一旦野菜の収穫に例えてみよう。

 

従来の告白の解釈では
“相手からの好きという気持ちを増幅させる&引き出す効果がある”とされているから
野菜を継続的に大きく育てるイメージに例えられる。

 

わかるか??

この理論だと野菜の栽培が継続されることを想定しているんだ。

 

しかし、本来の告白の解釈では
“告白した時点での相手の気持ちでYESかNOを問う”となるわけで
野菜をその場で刈り取ってしまうことに相当する。

 

・・・つまりだ。

刈り取ってしまった時点で成長はそこで止まってしまうんだよ!!

 

仮にそこで美味しい野菜に育っていれば(好きという気持ちがあれば)
収穫成功(告白成功)となるかもしれない。

しかし、もし美味しくない状態(好きでもない状態)で収穫(告白)してしまったら
どうなるだろう??

 

一度根っこから切り離した状態は元に戻らない。

いくら良質な肥料を

いくら綺麗な水を

いくら適度な日光を

与えたとしても、

刈り取った野菜には継続的に成長できるだけの、
ましてや
仕切り直して栽培できる機能は持ち合わせていないのだよ。

 

それと同じように恋愛での告白とは
相手の気持ちの成長を育むのではなくを成長を妨げていくものとなるのだ。

 

・・・これが多くの恋愛サイトが知らない&語れない『告白』の不都合な真実である。

 

だから、告白の解釈を誤って失敗してきた俺の過去からの教訓を込めて
君には『すぐに告白したくなる』その気持ちを見つめ直してほしい。

 

告白で強引に女性の気を引こうとしていないか??

告白する前に女性に対してできることを怠っていないか??

本当にその瞬間に告白が必要なのか??

 

“女性と結ばれる”ということは、当然その先の繋がりもあるわけで
関係が出来上がった時点がゴールではない。

 

付き合っていく中で
もし君が尻に敷かれるような立場になるのなら
もし君がATMのような扱いを受けることになるのなら

それは“特別な関係”と言えども
決してゴールとは呼べない代物だと先生は考える。

 

今一度、合理的に告白そのものと向き合ってみてはどうだろうか??

 

恋愛は感情と感情のぶつかり合いの世界と言われるが
そんな感情の荒波に揉まれることなく
合理的に、現実的に考えられた者のみ勝者となる仕掛けがそこには広がっている。

 

世間の言う恋愛の世界に生きるのではなく
男性として成長できる君だけの恋愛の世界で人生を全うしよう。

 

Q、デートプランの組み立て方がわからずに不安になります。

 

ふふんっ、問題ない!!

 

ゆっくり、
じっくり、
デートプランを考えていこうじゃあないか。

 

誰だって初めての試みで上手くいく奴なんていない。

 

デートプランとはプラモデルのように
作る人にとってはいくらでも複雑さを極めることができるのだから。

 

ちなみに、俺が駆け出しの変態の頃に作ったデートプランとして
『ショッピングモールをウォーキングする』というものがある。

 

それは「○○のショッピングモールに行こう!!」というテーマ設計から始まり
ひたすら女性と館内を歩くというシチュエーションを描き出す。

 

もちろん、出口戦略などない!!

もちろん、休憩場所などない!!

もちろん、会話の台本などない!!

 

とにかく、ひたすら館内を歩くのだ。

 

例えるとなると、『ぶらり途中下車はしないの旅』と言えるくらい
あてもなく、変化のない道中だと言えよう。

 

考えてみて欲しい。

ランニングとは、反復作業の極みのように思えるが
実際には景色が変わり、ゴールが存在するからこそ単調作業を継続できるモチベーションが生まれるのだ。

 

だがしかし、俺の作ったデートプランに
そんな情けはもちろん皆無。

 

全方向を壁に覆われた状態で
ゴール設定の無いランニングマシーンにひたすら促されるがままの如く。

 

誰のために何のために走り続けているかもわからない
そんな孤独の世界が俺のデートプランの売りとなる。

 

実際、俺の傑作のデートプランは、見事に女性の心を鷲掴みにしたよ。

 

デート当日彼女と合流した際の
「こんにちは~。今日はよろしくね!!」の挨拶を皮切りに、

無言!

無言!!

無言!!!

の雨あられ。

 

互いの耳に聞こえるのは、

  • 館内放送
  • 周囲で遊んでいる子供達の声
  • 店員の呼び込みのセリフ

それと、たまにエスカレーターの動作音。

 

ここで言っとくが、『決して喋ってはいけない』という縛りがあるわけではなく
各々の意思で喋らないスタンスを取っているのだ。

厳密に言うと、俺に喋る余裕がないだけなのだが・・・。

 

先ほど、“女性の心を鷲掴みにした”と伝えたが
もちろん最終的に女性は凄く楽しそうな表情で笑っていたよ。

 

彼女が途中で痺れを切らして友達2人を呼び出したことで
俺には見せたことのない満面の笑みで食事を楽しむ景色が広がっていたっけな。

 

何故か俺も同伴させてもらって、隅っこの席でポテトをかじりながら
笑っている彼女を見てニヤニヤしていたことを覚えている。

 

「俺の存在って何だろう・・・。」って不安を感じながらな。

 

話を戻すが、そんな俺でも今ではこうして
一丁前に女性を楽しませられるデートプランを組めるようになっているわけだ。

 

誰でも再現できるシンプルなデートプランから
少し凝ったようなドライブ、遊園地、レストランといったデートまで。

 

個人的な意見として、もしデートプランを上手く組み立てられずに不安にかられるのなら
まず最初は『食事デート』から始めてみてはいかがだろうか??

 

『食事』という行為は女性にとってポピュラーな内容となる為
参加する為のハードルが非常に低くなる。

 

また、『ランチョンテクニック』といって
食事シーンがコミュニケーションに適しているという実験結果も出ているくらいだ。

 

更には、女性から見た時のデート内容の安全性、透明性はもちろんのこと、
男性側としても費用面、時間面、労力面でどれをとっても都合のいいことばかり。

 

下手な冒険をして難しいデートプランでグダるくらいなら、
シンプルなデートプランで100%のパフォーマンスを発揮できる方が
結果として君の理想に限りなく近づける判断だと言えるだろう。

 

また、デートプランを組み立てる際に意識することは
そのデートで君は女性とどこまで関係の発展を試みるつもりなのか??という部分。

 

要は「出口戦略はできているのか??」ということだ。

 

当然、こう質問すれば誰だって
「付き合えるところまでいきたい」
「エッチできるところまでいきたい」
と答えるかもしれないが、

現実問題、自分の実力と照らし合わせた時に
女性と話すことすらままならない者が『会ってすぐにヤリたい』なんて望むのは無謀だと言えよう。

 

理想は高めに設定することは否定はしない!!

ただし、実際の行動はあくまで現実的に実現可能な範囲で描いていこう。

 

女性と話すことが苦手な者は
会話以外で間を繋げるシチュエーション作りを。

女性と特別な関係になれない者は
甘いムードや非日常感を醸し出せるシチュエーション作りを。

 

そう考えていくと自ずと組み込める内容が明確になっていくだろう。

 

会話が苦手であれば、
水族館や映画館といったレジャー施設で
目の前に広がる豊富なコンテンツを利用して女性を楽しませればいいのだ。

女性を口説くことが苦手な者は、
夜景が綺麗な場所やカップル向けの個室席などを使って
間接的に男女の雰囲気を醸し出して追い風として利用すればいいのだ。

 

そうやってデートプランとは、『どんな目的か??』によって適した内容が変化していく為
まずは自分の能力の把握やデートに使えるリソースを確認していくことが先決となる。

※リソースとは、資源や資産という意味。
『デートにおいてのリソース』とは、軍資金や車、デート先の土地勘、会話の引き出しなど
楽しいデートを作り上げる為に必要なツールやアイテムや知識を指す。

 

何度も言うように、身の丈以上のデートプランは自分の身を滅ぼす可能性があるので
背伸びしすぎない程度に女性を楽しませる内容を盛り込んでいこう。

 

ちなみに、先ほどおすすめした『食事デート』のノウハウについて詳しく知りたい人は
下記の記事群を参考にするといいだろう。

①【初めてのデート場所で“食事”を絶対におすすめする3つの理由

②【(食事デート)会計の対応をミスれば即終了。失敗しない男性の振る舞いとは?

③【男性初心者専用!成功率&発展スピード2.3倍UPの食事デート席選び

④【これだけは最低限できておけ!食事デートのメニュー決めでの立ち回り術

※君がこの記事に戻ってくるまで先生は体育座りで待っているから、必ず帰ってくるんだぞ!!

 

Q、デートの時に女性の目を見て話せません。

 

そうか、君もか!!

 

そうだ、私もだ!!

 

女性の目を見て話すより
おっぱいを見て話す方が楽しいからな。

 

最近は、斜め下を向くために首への負担が強くなってきたから
出来れば女性が竹馬に乗って俺の目線と乳との目線を合わせにきてほしいと思っているんだが。

 

・・・って、なんだ??

違うのか??

 

先生はてっきり、君もおっぱい信者かと思ったよ。

 

なんだい、実際のところは

女性と見つめ合って話すことができないとな??

恥ずかしくなって目を見ることができないとな??

 

HAHAHA!!

そんな悩みも任せなさい!!

 

目を見つめて会話が出来るかどうかは
意外とデリケートな部分ではあるからな。

 

うぶな男子にとっては
エロ本の隠し場所の次にぶち当たる大事な問題だろう。

 

とりあえず、単刀直入に言わせてもらうと
「目線を合わせられないのなら無理に合わせなくていい!!」ということ。

 

「いやいや、合わせなきゃダメでしょ!!」
と不安に思うかもしれないが、

このやり方、厳密に言えば
男性の目線は女性の目を捉えていないのに
女性自身は目を見られていると感じる視線の飛ばし方をする

というもの。

 

この違いがわかるだろうか??

図で説明するからよく見ててくれ。

 

通常は目線を合わせるとなると図のように
お互いの視点がぶつかり合うはずだ。

女性と目線の合わせ方_通常

 

しかし、先ほど述べた
『男性の目線を女性の目から外したまま、女性だけには見つめている印象を持たせる』の方法では、

こちらからの目線は、眉間やこめかみを捉えていくようにする為
男性としては、女性と目が合っている意識がなくなるんだ。

女性と目線の合わせ方_目線外し①

 

女性と目線の合わせ方_目線外し②

 

尚且つ、男性の視点として比較的女性の目に近い『眉間』や『こめかみ』に焦点を当てていることで
女性には“こちらが目を見て話しているような感覚”を与えるから
下手に違和感を感じさせることもない。

 

こうやって目の動きの特徴を利用すれば、
目線を外しながらもちゃんとしたコミュニケーションが確立できるのだ。

 

ただし、女性に対して一定の身体的距離が無ければ
目線の角度で違和感を感じさせてしまう可能性もあるので
状況によって使い分けることをおすすめする。

 

会って間もなくは身体的距離が遠いから眉間やこめかみを見つめる。
会ってしばらくしたら慣れることで身体的距離も近くなるので目線を合わせる。
といったように。

 

目線を外して見つめるポイントとしては、
眉間もこめかみもぼんやりと見るような感覚で視点を意識すると
女性から見た時のこちらの目の動きが自然になりやすいだろう。

 

くれぐれも、眉間やこめかみを凝視しすぎて
目がイッちゃってるやつだと思われないように気を付けてくれよな!!

 

第二回『レイ先生の炎の恋愛お悩み相談教室』終礼!!
~『まとめ』というの名のクールダウン~

 

Q、恋愛になると女性にすぐに告白したくなるんです。

青チェックマーク そもそも『告白』の解釈をしっかり認識しておこう。告白とは、“女性の恋愛感情を増幅させたり引き出したりするもの”ではなく、“告白した時点での女性の気持ちを問いただすもの”。もう少し粘れば勝てた試合にも終止符を打ってしまう為、お手付きをしないようにまずは現状を把握するところから始めよう。

Q、デートプランの組み立て方がわからずに不安になります。

青チェックマーク まず恋愛初心者は大掛かりなデートプランや複雑なデートプランの設計ではなく、シンプルな内容から取り掛かるようにすべきだろう。特に最初は費用面、時間面、労力面のあらゆる点において効率がいい『食事デート』をおすすめする。もし、デートプランに工夫を凝らしたければ、君が描いているデートのゴール(着地点)に合わせたデート先を意識してみるといいだろう。

Q、デートの時に女性の目を見て話せません。

青チェックマーク おっぱいを見て話してしまう俺も、君と同じような癖を持っているから安心してほしい。もし女性の目を見て話せない場合は、相手の目を見るんじゃなくて『眉間』や『こめかみ』に視点を合わせることで見つめ合うプレッシャーから解放されよう。もちろん、相手からはこちらが目を見て話しているように見えるから目線がおかしくなることを心配する必要はない。ただし、顔が近くなった際は目線の角度で違和感が出てくる為、しっかりと相手の目を見て話すように心がけよう。

 

よ~し、今日の炎の恋愛お悩み相談教室はここまでとする。

 

みんな、どうだった??

今回の内容もちゃんとついてこれただろうか??

 

前回の内容に引き続き、どの質問を見ても
負い目を感じる悩みや不安などひとっつも無い!!と言えるだろう。

 

全部、全部、先生のハートと前立腺に響いているぞ。

 

そして、今日の質問を聞いて俺は確信した!!

 

みんなの質問は昔の俺の悩みそのもので
俺はその壁にぶち当たってきたことで今がある。

 

・・・そう、つまり君にも同じようにこれから明るい未来があるということ。

 

確かに今は辛いかもしれないが
そのもがく過程が

君をより魅力ある男として

更には、誉ある人ととして

最終的には価値ある存在として

明日の自分を形作っていくはずだから。

 

もし、君にその時がきたら俺にこのセリフを盛大にぶちまけてほしい。

 

「裸を見過ぎて、服を着ている女性が愛おしい」

ってな。

 

・・・ということで、第三回目もきみとの熱いやり取りを楽しみに待っている。

 

それでは、また次回の教室で会おう。

 

さらばだ!!

 

《レイ先生の次回予告!!》

俺からエネルギーを注入されてホックホクになったきみ!!
今回も早速次回予告と参ろう。

次回の炎の恋愛お悩み相談教室は
『Q、恋愛活動のモチベーションが続かないんです。』
というテーマをお送りするぞ。

次回からは、テーマを一つに絞って解説を行っていくが
一つに絞った分内容を濃くして語っていくから安心してくれ!!

カルピスの原液に練乳を混ぜたくらいの濃度の愛情が
君の存在を包み込むだろう。

次回も先生の脇汗にまみれながらの君との語り合いを楽しみにしている!!
スタンダードPSD矢印スタンダードPSD矢印スタンダードPSD矢印
実はモチベーションは上げなくていい!?恋愛で成功する為の活動継続法

この記事を書いている人 - WRITER -
レイ@紳士の仮面を被った熱き変態
『デート関係』についての恋愛テクニックを専門とするアドバイザー。恋愛全般のアドバイスも可能ではあるが、女性との二人きりの時間をこよなく愛する変態の化身のような漢。普段は鼻くそをほじるような適当感満載な一面もありつつ、スイッチが入ると“松岡修造”のように無駄に熱くなる。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© モテるデートに夜景はいらない!! , 2019 All Rights Reserved.